非接触型 IC カード、1回のチャージ金額は1,000円~2,000円が3割2008/10/02 17:45

インターネットコムと goo リサーチが行った調査によると、非接触型 IC カードを使った電子マネーの1回のチャージ金額は、1,000円~2,000円が3割程度を占めたそうです。

カード型電子マネーの所有率は51.8%と約半数が所有。1回あたりの平均チャージ金額は、「1,000円~2,000円未満」が32.56%ともっとも多かった。

1か月あたりの利用額は、「1,000円未満」との回答が最も多く24.03%。金額的には意外と使われていないようだ。

それ以上の金額は「1,000円~2,000円未満」18.02%、「2,000円~3,000円未満」14.73%、「3,000円~5,000円未満」15.31%と続く。



電子マネー、3人に2人が持っている?2008/08/28 09:50

日本銀行によると、2007年度の主要電子マネー6種の年度末発行枚数は8,000万枚を超え、決済金額は5,600億円以上にのぼったという。

調査の対象は、「Edy」、「Suica」、「ICOCA」、「PASMO」、「nanaco」、「WAON」の6つの電子マネー。

2008年3月末での発行枚数合計は8,061万枚で、国民の3人に2人が電子マネーを保有している計算となる。

なお、1件あたりの平均決済金額は696円になる。

日銀ではこれらの結果に基づき「現時点ではその動向が決済システムや金融システム全体に大きな影響を与えるものではない」という。

電子マネー、1人1枚時代へ2008/08/14 12:51

主要9規格の電子マネーの延べ会員数が1億人を突破した。日本に電子マネーが登場して6年8ヶ月で1人1枚の時代を迎えたことになる。

Suica や PASMO など交通系の伸びが顕著で、特に電子マネー元年と云われた2007年から会員が増え、前年同月比で52%増であった。

電子マネーは2001年10月にビットワレットが「Edy」を発行したのが最初。

主要9規格は、Edy、Suica、PASMO、nanaco、ワオン、イコカ、アイディ、クイックペイ、スマートプラス。PiTaPaは入っていない。



電子マネーの所有者は半数以上2008/07/28 07:02

PASMO の登場から早1年、PASMO・Suica の合計発売枚数は3,000万枚を突破した。

インターネットコムと goo リサーチが行った調査によると、「あなたは Edy や Suica などの非接触 IC カード型電子マネーを所有していますか」との質問に対して、「所有している」との回答は51.70%(564人)と半数以上だった。

最も利用者が多かったのは「Edy」で52.13%(294人)。以下は「Suica」45.92%(259人)、「PASMO」22.16%(125人)、「nanaco」17.73%(100人)と続いた。Edy と Suica が2強と変わらずの状況となっている。

利用頻度は、「1日1回以上」との回答は18.44%(104人)と2割に近く、所有者の6割以上は1週間に1回以上、IC カード型電子マネーを利用している。


電子マネーはフル活用でおトク利用2008/07/20 12:38

ますます普及に弾みがつく電子マネー。現金より迅速に支払ができ、支払時にポイントがためられる電子マネーを活用することは、もはや生活の一部といっても過言ではありません。

たとえばEdyのおサイフケータイの支払時にたまるポイントを6種類から選べるようになりました。ANAマイレージクラブ、楽天スーパーポイント、ベルメゾンポイント、auポイント、ヤマダポイント、Tポイントに以降できます。

また店舗によっては支払時にANAマイルが2倍になります。am/pm、ニッポンレンタカー、ANA FESTA、コレド日本橋、大丸・福岡天神店など。

Suica の場合は支払い時にスイカポイントがたまり電子マネーに交換できたり、ビューカードでチャージするとビューサンクスポイントが通常の3倍になります。これは1000円で15円相当と率がいいです。

次にナナコです。最近はじまったのがセブン銀行の口座を利用登録すると、取引時にナナコポイントがたまるというものです。給与振込や振込入出金1件ごとに10ポイントがたまります。特に意識しなくてもポイントがたまるのはうれしいですねl。

最後にワオンです。通常は支払時に、200円につき1ポイント、毎月10日は通常の2倍のワオンポイントがたまります。2008年12月待つまでイオンバンクカードでのオートチャージ利用時に200円で1ポイントがたまるキャンペーンを実施しています。


注目したいのが、ビューカードでチャージするとビューサンクスポイントが通常の3倍になるというもの。還元率が1.5%と高いので確実にポイントを獲得してください。


電子マネー決済件数、Suica+PASMO が Edy を抜く2008/05/10 11:25

SuicaとPASMO の2008年3月の合計決済件数が、 初めて Edy を超えた。

決済件数が最も多いのは nanaco ですが、それに迫る勢いです。

3月の決済件数は Suica が 2035万件、PASMOが444万件、Edy が2400万件でした。nanaco は2,900万件。

JR東日本は紀伊国屋書店や紳士服のコナカなどでSuicaが利用できる店舗を拡大、PASMOも地元商店街への営業を強化しているので、交通系の電子マネー決済件数はまだまだ増えそうです。


電子マネー会員が1億人に2008/04/13 14:12

主要電子マネーの3月末の会員数が9000万人を超え、夏にも1億人を突破する見通しです。

2007年はEdyやSuicaといった既存勢力に加え、nanaco、WAONなど流通系、iD、QuicPayなどのポストペイ型も枚数を伸ばしています。

また、共用端末の普及により、電子マネーのインフラが整いつつあることも、ユーザーの利便性が増して追い風になります。

いよいよ1人1枚の時代が到来することになります。



目白大学にEdyが導入される2008/03/25 18:41

目白大学にEdyが導入されました。

コンビニエンスストアや売店、食堂、大学事務所にEdyの読み取り端末を設置、食券の購買や証明書発行などの決済で現金をなくします。

また、目白大学を運営する目白学園では、学生証、教職員証にEdyを搭載。約6千枚になる。

学内で生じる決済をすべてエディ化するといいます。

自治体や学校でEdyの利用範囲が広がっていきます。



電子マネー「iD」を使って自宅で通信販売等の決済ができる ように2008/03/14 13:46

三井住友カードが発行するプリペイド型電子マネー「iD」を利用し、自宅で通信販売等の決済ができるサービスを始めました。

これにより、クレジットカードの番号を入力せずに決済が可能になり、料金振込みのためにコンビニや銀行に行く手間も省けます。

ネット通販で商品を購入すると払込票が送付され、それに印刷されたQRコード iD対応の携帯電話で撮影すると決済が完了するという仕組みです。



キヨスクで「イコカ」が利用可能に2008/02/27 00:02

JR西日本は駅売店「キヨスク」で「ICOCA(イコカ)」が利用できようになります。

今月末から200店ほどに読取端末を設置し、雑誌や飲料をキャッシュレスで購入できます。

ICOCAは3月からJR東日本の電子マネー「Suica」と相互利用が始まるので、利便性はますます高まります。



電子マネーの最新ニュースは電子マネーTOPICS